1_海外旅行 その他 ラオス

ウドンタニ⇒ビエンチャン ビザランの旅

1_海外旅行
スポンサーリンク

そうして、チケット売り場がオープンしたらしく、一斉に行列が出来たので、さっさとその行列に並びました。

その時、アメリカ人のおっちゃんは、何故か、荷物の前から絶対離れません。

「何やってんだ。たびむやんの荷物はいいから、おっちゃんの荷物持って、はよ、こっち並びや~。」
と、思いつつ、お互い、ちらちら目が合います。

たびむやんが並んでいる行列の後ろの方には、〖ここまで〗と言う印が立っています。

「はよぉ~~~来いぃ~~~!」

と、思いながらも、たびむやんは気もきかず、自分の分だけ、チケットを購入したのでした。

チケットを購入して、アメリカ人おっちゃんのもと(たびむやんのリュックのもとですが。)に慌てて戻って、アメリカ人おっちゃんが、チケット売り場に行った時には、もう既に時遅し、〖ここまで〗が終わってました・・・

アメリカ人おっちゃんは、すぐに「じゃあ他のルートで行くよ。」とさっさと、どこかへ立ち去ったのですが・・・

今思えば、たびむやんが、アメリカ人おっちゃんの分も一緒に、チケット2枚買えばよかっただけの話だったんですよね(´;◞౪◟;)

なんで、思いつかなかったのだろう・・・と、なんか悪いことした気分になりました( •́ ⍨ •̀)

長い時間待ったうえに、なんとも、さもしい気分で、ビエンチャンまで出発しました・・・

さてさて、
ウドンタニ・バスターミナルを出てから1時間ぐらいでラオスとの国境に到着します。
ウドンタニからビエンチャン行きの国際バスでは、タイとラオスの出入国カードをくれるので、バス内で記入します。

そして、ラオスとの国境の町・ノンカイでタイでの出国手続きとラオスへの入国手続きを行い、ビエンチャンのバスターミナルへ到着です。
これは、国際バスに乗っていれば、流れ作業的に連れて行ってくれるので、特に気をもむ事はありません。

いざ、ビエンチャンのバスターミナルに着いたら、早速、日本人を探しますw
たびむやんが行った時は、幸いにも、日本人のおじさんが1人いたので、一緒にトゥクトゥクに乗って、一緒にタイ大使館領事部へ行きました。

ぼられても、数百円なので、よしとする主義です。しかも、割り勘だしw
それでも、多分一人、300円弱ぐらいだった気がする。。。?

こちらの話は、10年ぐらい前の話なので、ビザランの旅の最新情報は、とてもわかりやすく記載されているブログがたくさんありますのでそちらをご参考にされてみてください。

そうして、10年前のたびむやんは無事、ビザの申請をして、受け取るだけの状態で、当日の宿に、たどり着くのでありました。
ヘウアン ラオ ゲストハウス (Heuan Lao Guesthouse)
格安の割には、バスターミナルからも近く、メコン川までもほど近い宿で、部屋も普通ですよ♪

しかし、猫を何匹か飼ってるので、猫アレルギーの人はNGですね。

猫が大好きな方は、ここのオーナーのおじさんは本当に優しくて、おっとりしてるのでお薦めです。

自転車も借りれて、少し遠出も出来る~と思ったのですが、それ以前に、道の状態が悪いし、段差も酷いぃ~~(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

四苦八苦しながら、ショッピングセンターに行ってみたり、メコン川沿いを走ったりして、時間を過ごしました。特に観光等はしてないのですが、まだまだ貧しい国の感じは否めませんでした・・・

今は、もうちょっと良くなったのかな・・・?

翌日、何も問題なく、ビザ(最近、ノービザの30日かビザの30日かわからなくなってきたw)を受け取りに行って、また、バスで、チェンマイに戻りました。

タイトルとURLをコピーしました