スポンサーリンク
1_海外旅行フライトホテルマレーシア観光

2019年6月 クアラルンプール空港KLIA2でゆっくり仮眠

1_海外旅行
https://tabi-hourou.com/
スポンサーリンク

たびむやんは、Agodaでカプセル トランジット (エアポート トランジット ホテル) KLIA2を予約したので、12時間コースしかないと思って予約しましたが、公式HPだと3時間、6時間、12時間とあるようです。
agodaは、キャンペーンがあったりする時もあるので、どちらがお得かは、その都度調べて下さい。為替も関係しますかね・・・。
たびむやんは、サービス料込々で、12時間:女性用シングルカプセル3,723円でした。
公式HPだと、12時間:女性用シングルカプセルRM125(2019年6月時点:3,248円)です。

シャワーだけの利用も可能です。1時間 RM29
タオル、シャンプー、シャワージェル、ヘアドライヤー、スリッパ付きのようです。

また、手荷物を預けるロッカー利用だけでもOKです。
RM20: 3時間
RM25: 6時間
RM35: 12時間
RM45: 24時間

3時間利用の場合では「PriorityPass」があれば、24時間営業でシャワー付きのフードコートエリアに近い『Plaza Premium Lounge』を利用した方が、断然良いですね。
ラウンジのハシゴをするのであれば、6時間もラウンジでいけるのでしょうが、ゆっくり寝たい、仮眠したいとなれば、こちらのカプセルもありかと思います。
↑のRM55は、何の値段なのか・・・。ハテ?
受付を済ませると、ホテルのカードキーみたいなものと、ロッカーのカギと、サニタリーバッグが渡されます。サニタリーバッグの中には、バスタオル、ミネラルウォーター、歯磨きセットが入っています。(チェックアウトの時、バスタオルだけ返します。)


早速、ロッカーに、スーツケースをしまいます。

スーツケースや荷物のサイズによって、ロッカーの大きさをチョイスしてくれます。
下段なので、大きな重いスーツケースも入りますwヨカッタ~
続いて、迷路のようなコンテナ?施設内に入って行きます。
施設自体の入口も、女性専用ルームに入る入口もカードキーをかざさないと入れないので、セキュリティーもバッチリです。
2Fの部屋でした。オシャレなゲストハウスのドミトリーみたいですねぇ~♪
↑の左手前の端っこが、たびむやんのカプセルルーム。
黒いバックがサニタリーバックです。
右側には、机にもなる鏡もあります。もちろんコンセントも。
若干、斜めっていたので、物は置けずw

こちらも、クーラーがガンガンなので、一旦、自分のスペースに行ってから、寒さを確認して、受付に「ブランケットをもう一枚貸してください。」と、お願いしに行ってくださいw
「1ベット1セットなのよ~。」と言われるので、「とても寒くて眠れません(´;ω;`)」と懇願すれば、もう一枚、貸してくれます。

これで、寒くて眠れないと言う事はありませんね♪
おかげさまで、ゆっくり眠れましたzzZ
(2019年6月時点:RM1=26円)

ちなみに、Booking.comだと、3時間、6時間、12時間、1日コースがあります。
(Capsule Transit KLIA 2 (Landside) – Gateway@KLIA2, Level 1)

タイトルとURLをコピーしました