チェンマイ ⇔ ラオス ビザランの旅

1_海外旅行
スポンサーリンク

しかし、ちょうど、おじいちゃんが日本に帰国する、1ヶ月ぐらいの間、このGHの留守番を頼まれた時に、この男性も、たびむやんも、ノービザでいられる期間が迫っていたので、交代で、GHの留守番をしようとなりました。

そして、陸路で、初ラオスまで、ビザランの旅です。

ビザランツアーとかではなく、自力でバスで、チェンマイからウドンタニ経由でラオスのビエンチャンへ行きました。
今回が、最後のビザランの旅になります。

前日に、GHのタイ人従業員に、モーターバイクで、バスターミナルに連れて行ってもらい、ウドンタニー行きのバスチケットを購入しました。
バスターミナルは、3か所あるので、行先きによって、各自で調べて下さいね。(10年ぐらい前の話なので・・・(´・ω・`;) )
バスは、夕方発、翌早朝着でした。(10時間弱ぐらい?)

早朝に着いたので、ウドンタニ―のバスターミナルのチケット売り場は、まだ閉まっていた・・・

ビザラン目当ての、多く欧米人のチケット売り場オープン待ちで、ごった返していた。しかも、ラオスへ行く国際バスは、当日ではないと買えないらしいとのこと。

この待ち時間に、たびむやんが座っていた同じテーブル席に、アメリカ人のおっちゃんも座っていた。
なにやら、この、おっちゃんは、東北大震災は、誰かの陰謀で、人口的に起こったものだ。と、都市伝説的な話が、好きなおっちゃんだった。(何度も、一方的に同じような事を言っていたので、何度も一方的に聞いていた、たびむやんも、さすがに英語でも、言ってることが分かったのである・・・w)

また、1台のバスの座席の数に限りがあるのだが、始発のバスには、ここにいるビザランの人達が、みんな、始発のバスに乗れるという優しいシステムではないと言う彡(-ω-;)彡
しかも、始発の数分前ぐらいにならないと、チケット売り場が開かないらしい。

バス何台か、始発で出せばいいのにねぇ・・・
せめて、みんな、乗れるようにさぁ~(´・ω・`)

と、思いながらも、リュックには、盗まれても大丈夫な物しか入っていないので、リュックを放置して、虎視眈々と、チケット売り場を張っていた、たびむやんでありましたw

タイトルとURLをコピーしました