スポンサーリンク

戦没したおじいちゃんの行方②ダバオ

その他
スポンサーリンク

前から調べていた、おじいちゃんの行方・・・。役所に行って、母親の戸籍謄本を確認したわけではないのですが、どうも、おじいちゃんの事を調べれば調べるほど、どこに参拝に行けばいいのか分からなくなってきました・・・。
厚生労働省のHPによると、下記、表記がありました。

フィリピン共和国における日本人戦没者遺骨収集についてのお願い

フィリピンでの日本人戦没者は約51万8千人と推計され、今日においても約36万9千柱の遺骨が送還されておりません。

厚生労働省では、国の責務として一柱でも多くの御遺骨を収集し、御遺族のもとにお届けしたいと考えております。

【遺骨収集に係る協力覚書について】
フィリピンでの遺骨収集事業は、平成22年10月以降中断しておりましたが、平成30年5月8日、厚生労働大臣とフィリピン共和国外務大臣が遺骨収集に係る協力覚書に署名いたしました。
今後は、この協力覚書に基づき、御遺骨の収容や送還は、フィリピン共和国政府の承認を受けたうえで、厚生労働省のみが実施出来ることとなっております。
善意によるものであっても、民間団体が行う御遺骨の収容や送還は協力覚書で認められておりません。
今後、フィリピン共和国政府の協力を得て、円滑に遺骨収集を推進するためにも、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。


「第2次世界大戦時に激戦地だったフィリピンでは、フィリピン人は100万人以上、日本人は50万人以上の方々が亡くなられたと言われている。」

「フィリピンは、日本人が最も多く戦死された場所。」

日刊マニラ新聞 2015年(平成27年)12月4日号 1面記事

等々、調べていると、どんどん戦争の記事が出て来ます。

そして、厚生労働省のHPを見て、終戦から約74年ほど経っているにも関わらず、また言いますが、約が51万人中約36万9千もの遺骨が送還されてないのです。

一旦、他国の人の遺骨が、紛れているのではないかと言う事で、8年間も中断していたらしいのですが、去年の平成30年に御遺骨の収容や送還を再開するとの事です・・・。
もしや、まだ、おじいちゃんは、ダバオのどこかにいる確率の方が、高いかもしれない。

51万人以上の犠牲者ともなれば、この遺骨が誰のなのか、特定するのも難儀なのは、わかる気もしないでもないですが、今や、急速に進化してるDNA鑑定、医学、科学、テクノロジーと言った分野を駆使して、犠牲になった方々の遺骨を早く送還してほしいと切に願います。

また、驚いたのは、《旧海軍死亡者関係資料》によると、以前、たびむやんのおじいちゃんもマラリヤに感染していたと『戦没したおじいちゃんの行方』にも書きましたが、戦没した方々のほとんどが、餓死でもあるという事です。
栄養失調、マラリヤのような感染症により、終戦を迎える間際に、劣悪な環境におかれ、精神的にも肉体的にも尋常ではない状況下で、亡くなっていったと思うと、いてもたってもいられなくなってしまうのです・・・。

フィリピン留学を⽇本へ!≪MeRISE英会話≫

タイトルとURLをコピーしました