スポンサーリンク

海外旅行で日本人が詐欺やボッタくりなどに狙われない服装

1_海外旅行
スポンサーリンク

海外旅行で日本人が詐欺やボッタくりなど何かと狙われるのは、とにかく、何かと断り切れなかったり、何かあっても騒ぎ立てなかったり、金額に対してウヤムヤにしてしまったり、いつもニコニコしてたりと、とにかく平和な国がゆえの国民性に付け込まれる事が多いのが原因かと思うのですが、それはそれで悪い事ではありません。

そして、海外旅行に行って、現地の人との触れ合いで気付かされる事も多く、人生においてとても勉強になる事や、決してオーバーではなく人生観がガラッと変わってしまう事もあるのが、旅でもあります。

あなたをだます目的で気安く声をかけて来る現地人もいますが、中には本当に日本人に限らず外国人に良かれと接してくる現地人もいるので、誰もかれもが敵だと勘ぐりながら、現地の人を見下したり、その人達の商売の邪魔をするような事だけは本当に避けた方がいいかと思います。

また、誰もかれもが敵だと勘ぐりながら旅をしていても、逆に楽しくもないですよね。

それに対して、旅上級者は、だます目的で近付いてきた人間をのらりくらりあしらいながら、相手の手の内を明かさせるまでの会話をします。
そして、何事もなかったように、その国ならではの旅をするのが上手な人が多い気がします。
強盗などの場合は別ですけど。

ただ、そこまで慣れていな人の方が多いのも事実ですよね。
ましてや、ケンカをしたり、揉め事も起こさないで済めばそれに越した事はありません。

声をかけられたら最後、そういう人をうまく散らす事が出来る自信がない人は、そういう場合、こいつカモになんねーなと思われるような、根本からのヒントをご参考程度に・・・。

とにかく、日本人は髪型から服装、とにかくオシャレで小綺麗です。

また、海外旅行に行くのだからと、バッグや服や靴などを新調しがちですが、それはやめた方が良いでしょう。
海外で買って、日本に帰国してから身に着けたりするのは大丈夫ですが、わざわざ、日本で新調して海外旅行で身に着ける事はカモ丸出しです。

東南アジアで、同じ人種に見られがちなのは、日本人、韓国人、中国人です。
我々が、見た目だけで、アメリカ人かヨーロッパ人かロシア人か分からないのと同じです。

たびむやんも海外旅行に行った時に、すれ違う人見て、この人日本人かなぁと思うと、まず靴を見ます。

そこで、真新しいスニーカーまでいかなくても、小綺麗なブランドもののスニーカーなどを履いていれば、だいたい日本人です。

また、服装もTシャツ一つにしても、とにかくちゃんとした素材のものを着ています。
日本で安くても、ユニクロなどの、しっかりしたものを着用していますよね。

これは、日本人自慢を日本人のたびむやんがしているわけではなく、海外に行ったら逆に足元を見られますよと言っているのです。

正直言って、外国人の服装はお世辞にもオシャレとは言えないですよね。
しかし、海外旅行にオシャレは必要でしょうか?

ハイ。必要ないですよね。

 

そして、日本人以外は、何かあればすぐ騒ぎ立てる、お金にシビアなど、とにかくめんどくさい人が多かったりします。

それに比べると日本人は、おとなしくて、だますのに都合がいい性格なのです。

なので、付け込まれたら、到底逃れられないような人は、外見をダサくするしかないのです。

靴はその人を表すとよく言われていますが、海外でも逆の意味で大切です。

海外旅行に行くので、せっかくならとスニーカーや服をと、新調しがちですが、それは逆効果なので、決してブランド物のスニーカーやサンダルを履いて行かないようにしましょう。

逆に、旅先で捨てて行くような、服や靴を持って行くべきです。

こんなこと行ったら怒られるかもしれませんが、日本で捨てれずにいる履き古したスニーカーやサンダル、Tシャツなどを、海外旅行で捨てて帰国するぐらいのものが調度よいのです。

1_海外旅行 その他
たびむやんをフォローする
スポンサーリンク
たびむやんのプチ旅放浪日記
タイトルとURLをコピーしました