スポンサーリンク

海外に行くときに持って行くといいかもサプリ3選♪

1_海外旅行
Bruno Glätsch
スポンサーリンク

たびむやんが、日本でも海外でも体調だけは保てるように、海外に行くときに持って行くといいかもサプリ3選をご紹介します。

ここからは、あまり、サプリとは関係ないですが、海外に住むと、慣れ親しんだ友人が、他の地に行ってしまうという事が当たり前の事でもありました。
重症だと、大変仲良くなった友人がいなくなって、ポッカリ心に穴が開いてしまった感じで、何をするにも心から楽しめない時期もありました・・・。

これは、日本にずっと住んでいて同じ環境だったら気付かなかった感情でもあり、そんなこと無縁な事だっと思っていました。

なぜなら、今の時代、LINEもあるし、スカイプもあるし、画像で相手を見れるんだから世界なんて近いじゃない。と思いがちですが、
それを、たかだか、関西から、北海道から、沖縄から、九州から東京に友人が上京するからって、んなもん、たいしたことないだろうよと笑っちゃうと思っていたのですが、実際、毎晩のように酒を飲み交わした友人や、休みのたびに一緒に旅行に行っていたメンバーがここからいなくなる事は本当に寂しい事でした。

海外移住は、そういった大きな財産が遠くに行ってしまうリスクも多くあります。
遠くに行っても、そういう友人はいつでもLINEなどで連絡は取れますが、ここからいなくなるという事は、精神的なダメージも大きいのです。

そこで毎回、落ち込んでいては体が持ちません。

海外移住で、一番つらいのは、フットワークの軽い人間の集まりだからこそ、友人が簡単に、遠くに行ってしまう事です。
逆に、自分もどこかへ行ってしまう事で、そこに少しでも長くいた友人に寂しい思いをさせてしまうという事もあり得ます。

しかし、仲良かった友人が近くからいなくなっても、新たな友人を作り、新しい出会いに慣れて行く事が一番なのですが、性格にもよりますので、なかなかそういうのに慣れなければ体調までも崩しかねません。

それでも、気休めと言ってもなんですが、体が第一なので、精神的にダメージを食らう前に、体調的にダメージを食らわないように健康的な体を作り上げなければ本当にやっていけません。

鈍感になるのが一番なのですがw

と言うのも、たびむやんは決して、人付き合いもよくもないし、組織の中では思いっきり浮いた人材でした。
それだからこそ、親しくなった人間が居なくなることはとてもつらい事だったのです。

体が資本ですので、体調を崩さないように気をつけていたつもりなので、風邪などは一切引かなかったですけどw

そこで、気休めですが、持って行った方がよいサプリメントをご紹介させて下さい。

スポンサーリンク

・ぐっっすり眠れるように

まず、よく眠れるようにするのが一番です。
最近は、たくさんサプリが出てますので、昔に比べれは安心?かもしれません。

悩み事がある時は、解決も出来ないのに寝り際に無駄に悩んだりして寝れなかったりしますよね。
そういう悩み事を吹き飛ばすかのように、寝酒をして眠る人がほとんどだと思いますがw
たびむやんも、憂さ晴らしにたまにお酒飲んで寝る時ありましたけど、眠りの質については、寝酒がよいのかはよくわかりません・・・。

・ビタミンCとビタミンBは何かと最強説

ビタミンCとビタミンBをとっていれば最強です。(風邪ひかないです!たびむやんだけかな?)
水溶性なので、過剰に摂取する心配もなく、免疫力がアップすると言われ、口内炎などを防いでくれるので、この2つはもう20年以上飲んでます。(たびむやんだけかな?)


・番外編:青汁は簡単に栄養が摂取出来て腸内環境も整えてくれる・・・気がします

野菜の栄養は、日本でも取りにくいので、海外でも青汁で摂取します。


なので、年一ぐらいは、日本に帰国する際は、カップラーメンとかより、こういったサプリをまとめ買いして海外に戻る事をおススメします。

ちなみに、現地の薬局でサプリを購入していた事もありますが、ばかデカい錠剤のわりに口内炎がしょっちゅう出来ていました。
成分が英語でよく分からなかったのもありますが、飲み慣れていないサプリ飲むと、または、サプリで栄養を補わないと海外ではこんなに胃が荒れるんかぁ~~~?!とビビりましたw

あくまで、たびむやんの話なので、ご参考程度に・・・。
(DHCが相性いいのかなぁ~。日本でも毎日ビタミンC・Bは飲んでます。)

また、サプリとは全然関係ないですけど、衣類も、ユニクロなどの高機能衣類は、日本が一番安いので、帰国した時にまとめ買いしておくに限ります。

羽田空港発ならMIカード

プライオリティパスなら楽天プレミアムカード

タイトルとURLをコピーしました