スポンサーリンク

新潟県 日本三大溪谷 清津峡渓谷「清津峡渓谷トンネル」再度おすすめします!

2_国内旅行
スポンサーリンク

新潟県十日市にある、「清津峡渓谷トンネル」を以前にもご紹介しましたが、実は、今が絶好の季節かと思いますので、再度掲載します。

前回は真夏に訪れましたが、紅葉の季節が終わるにつれて、観光客が減る頃かと思うので、水面の揺れが避けられ、緑葉とはまた別の絶景が拝める事間違いなしです!

「清津峡渓谷トンネルは、干潮満潮や、日の入り時間、無風を気にしなくても、天気が良ければ「天空の鏡」風が味わえます。

■清津峡渓谷■
〒949-8433 新潟県十日町市小出癸2126
TEL 025-763-4800 FAX 025-763-4801

清津峡渓谷トンネル受付時間:9:00~16:00

<清津峡渓谷トンネル利用料>
・大人(高校生以上) 600円
・子供(小・中学生) 300円
・未就学児 無料

  • ※障がい者手帳所持者は無料(手帳かコピーをご提示下さい)
  • ※団体(20人以上)のご利用で入坑料金からお一人につき50円引き

入口手前には、カフェもあります。

足湯もありますよ♪

清津峡渓谷もとても見事な渓流で圧巻です。


清津峡渓谷は、昭和63年の落石以来、ずっと閉鎖されていました。
2018年に、中国出身の建築家マ・ヤンソン率いる建築事務所「MAD Architects」が、清津峡渓谷トンネルを「光のトンネル」として修復を完了したそうです。

それでは「清津峡渓谷トンネル」に入ってみましょう♪

入口で料金を払います。

赤・緑・橙・青のライトで、なんともミステリアスですねぇ。

2番目のスポット。現代アート満載♪


そして、最後の絶景スポットは、冷たい渓流の水が手前にはってあり、裸足になってグイグイ入って行くと、晴れて映えとなりますw
人が多いと水がユラユラしてしまいます・・・。

日本三大溪谷 清津峡 公式HPはこちら→清津峡渓谷トンネル
<アクセス>
清津峡トンネル入り口から遠い駐車場になると、無料シャトルバスで入口まで送迎してくれます。
たびむやん達は、8時半ごろ到着したのですが、お盆休みだったからか、8時半オープンなのにも関わらず、結構にぎわっていました。

9月10月になると更に、人が大勢訪れるそうです。
また、団体ツアーのお客さんも多いので、たびむやん達が一通り見て周って出る頃には(10時台)は入口が混雑しておりました。

混雑状況は、要確認ですね。
9月10月が過ぎれば、一段と人が減ると思うので、みんながUPしている風景と違う風景を狙ってみてはいかがでしょうか。

また、冬も幻想的な雪景色も堪能できるそうです。
ただし、清津峡渓谷トンネルは2020年(令和2年)1月15日(水)から1月13日(木)まで冬期メンテナンス休業期間となるようなので、ご注意下さい。

昭和シェルのポンタ最強カード

格安レンタカー予約はEasyRentCars

2_国内旅行 温泉 観光
たびむやんをフォローする
スポンサーリンク
たびむやんのプチ旅放浪日記
タイトルとURLをコピーしました