1_海外旅行 タバコ フィリピン

フィリピン 公の場で電子タバコを使用したら逮捕!

1_海外旅行
https://tabi-hourou.com

フィリピンも公の場で電子タバコを使用したら逮捕!とのニュースが飛び込んできました。

2019年11月19日、ドゥテルテ大統領が禁止命令を突如発表していたのです。


どうでもいいけど、フィリピンの電子タバコは、煙?水蒸気?が爆煙すぎる・・・。

 

2017年には、すでに普通のタバコは、公共の場での禁煙を義務付ける大統領令26号がを発表され、指定喫煙所の設置条件を厳しく規定されています。

これから、電子タバコ愛好家は、フィリピンへの渡航も電子タバコの持込みが禁止になるかもしれないですね。
言われてみれば、前回、フィリピンに行った時には、路上などで喫煙している人は見ませんでした・・・。

以前、電子タバコ事情の中で、簡単に一覧表を作りましたが、今後は下記のように変更になる可能性大です。

〖電子タバコOKの国〗

アジアヨーロッパその他△その他△確認必要あり
日本イギリスハワイ中国
韓国イタリアアメリカ(一部確認必要)オーストラリア
マレーシアギリシャロシアアメリカ
ベトナムフランスカナダ
ラオスデンマークコロンビア
ミャンマースペイン南アフリカ
インドネシアモナコイスラエル
フィリピンスイス
オランダ他多数

〖電子タバコNGの国〗

アジアオセアニアその他要確認
タイニュージーランドメキシコ中国
シンガポールオーストラリア(要確認)ブラジルアメリカ
台湾オーストラリア
香港
カンボジア
フィリピン

上記の表は、色々な方々のネットでの情報や、たびむやんの興味がある各国HPでの税関の欄を参照して、たびむやん独自の一覧なので参考程度に見て頂ければ幸いです。
※ご自身で必ず確認してくださいね。

もっとも、東南アジアのラオスやミャンマーなど、電子タバコ自体が何なのかをまだ認識していない場合もあるので、今後、禁止国になっていくかもしれません。→はい。フィリピンきました~。

過去のおまとめ記事はこちら↓

ドゥテルテ大統領は、「電子タバコに、ニコチンや我々が知らない他の化学物質」が含まれている。」と語ったそうです。

我々が知らない他の化学物質なんて、食品や日用品にも含まれてますけど?
たびむやんは、他の理由があると思ってますけどね。

しかし、趣味が海外旅行なのに、電子タバコで行動範囲が限られてくるとは・・・。
健康第一で禁煙と言うのはもちろんの事なのですが、世界を飛び回りたいのに、タバコのせいで行動範囲が限られてくるとは、本末転倒ですわ~。

 

・・・・・・。

 

電子タバコもやめましょうかね・・・。

タイトルとURLをコピーしました