PR・アフィリエイト含みます。
1_海外旅行カードトルコ

【トルコ】ATM事情 手数料がエグい

スポンサーリンク

今回は、トルコのATM事情をご紹介します。

2023年9月時点
1円=5.5TL

過去の記事に、トルコのATM使用手数料が無料のATMがある事をちょこっと触れましたが、トルコのATM使用手数料は、かなりエぐいです。

ところでですが、たびむやんがクレジットカードで、キャッシングをしたことがないのは、繰上げ返済はだいたいのカード会社は、電話でしかできないとか、一旦リボ払い設定してうんぬん・・・とか、めんどくせぇからです。

海外にいながらネットで繰上げ返済が出来るカードも、元々日本でもよく使っていて、海外キャッシングも利用すると言う場合は、メリットがあると思いますが、たびむやんは、日本生活の中で使用するメリットをあまり感じないカードなので、わざわざ海外用に作る気にはなりませんでした。(そんなにちゃんと調べてないですけどw)

結局、セディナカードも作って1回も使ってません・・・。

スポンサーリンク

トルコは基本現金はあまり使わない

たびむやんが、トルコで訪れた場所は、イスタンブール、アンタルヤ、カッパドキアのみですが、現金が必要だったのは、公共トイレ、屋台、露店、地元の食堂ぐらいだった気がします。

ほとんど、カード決済でした。

トルコのキャッシュレス比率は意外と高く、しかも、デビットカードよりクレジットカードの方が普及しているらしいです。

トルコリラは不安定な通貨でも有名ですよね。

いくらトルコ円が円高と言えど、物価の上昇がすごいことになっていました。

逆に、2023年9月にトルコに行けたのは、はじめてで、物価上昇前を知らなかったからでしょうね。

手数料無料のATM

「HALKBANK」

「HALKBANK」ATMは、イスタンブール空港にもあるらしいですが、いかんせ、夜に到着して、イスタンブール空港からユスキュダルの宿まで、現金が一切必要なかったので、そのままユスキュダルの宿に行きました。

今回のトルコ旅行で、よく見かけた手数料無料のATMは、HALK BANKです。

HALK BANKのATMは、DCC手数料を拒否出来るので、※「Accept Without Conversion」※を選びましょう。

「alBaraka」

もう一つは、ユスキュダルでしか見なかったのですが、「alBaraka」のATMです。

ユスキュダルの宿のスタッフに教えてもらい、VISAのデビットカードもしくはクレジットカードだとATM手数料が無料でした。

ここのATMでは、VISAのデビットカードもしくはクレジットカード以外は、カードが戻ってきてしまいました。

すなわち、wiseデビットカード(マスターカード)が使えなかったです泣

使えるカードのマークだけは、たくさん表示されてたんですけど何でですかね・・・?

仕方なく、日本の銀行のVISAのデビットカードを利用しました。
ここでは日本の銀行のVISAデビットカードで引出したので、リアルレートとの差額は300円ぐらいでした。

実際に、ATMから出てくるレシートを確認したところ、引出した金額しか記載されてませんでした。

銀行の出入金明細には、日本円金額しか表示されてなかったので、詳細がわかりません。

まぁ、支店がある場所にしかない数少ないATMらしいので、あまり使うことはないかも。

「HSBC」

一番のおススメは、「HSBC」のATMです。

今回は残念ながら、「HSBC」のATMを見かけなかったので利用しませんでしたが、こちらのATMは、USドル、EURドル、TRYと引出せるようなので、カッパドキアでアクティビティに参加する場合は、「HSBC」のATMでおろしていくのもよいですね。

ちなみに、ネット調べのみで、たびむやんは利用していないので、ATMで引出す際、ATM画面にデン!と手数料等があれば表示されますので、よく確認してください。

ちなみに、トルコリラ以外を引出せるATMは、その国の通貨のマークが分かりやすく表示されています。

「HSBC」はDCC手数料がなく、スムーズに引出し出来るようなので、一番良いと思います。

トルコ旅行に行く前に、「HSBC」のATMの場所を調べて行くのが一番よいかもしれませんね。

たびむやんも、「HSBC」のATM場所を調べて行けばよかったと後悔しております。

「PTT」


下記の明細は、Wiseの明細ですが、200€(30,000円以上)を引出したあとなので、Wiseの手数料、約70円がかかっていますが、ATM使用料は無料でした。
PTTのATMは、ギョレメにもありました。

【PTTのATM】
※注意点としては、PTTのATMは、TLトルコリラしか引出せません。

「他行」

上記以外の「他行」は、手数料がエグいです。

イスタンブールもそうですが、トルコには、たくさんの会社のATMがあります。

とにかく、他行はスルーしましょう。

ギョレメのバスターミナルのすぐそばも、(黄色の太いマーカーライン)他行のATMがズラッと並んでいます。
気球体験の支払いがユーロで提示されてることも多く、ユーロを引き出せるATMもあります。(ほぼ、アクティビティのためと言っていいぐらい。)
バスターミナルのすぐ近くのズラッと並んでいるATMで引出すと下記のように手数料がかかりますので、注意して下さい。

wiseデビットカード手数料:約70円
第三者ATM手数料約2,515円(引出した金額の7.99%)😱

 

切りの良い、200ユーロ(約5,845TL)約30,000円程度の出金で、ATM手数料約2,515円です。

 

カッパドキアのアクティビティは、ユーロ表記で、支払いは、ほとんど現金です。
クレジットカードでもいけますが、若干ですが、カード支払い手数料が上乗せされる場合もあります。

 

事前にユーロを用意していなければ、何が何でもトルコリラで払いましょう。

 

せっかくwiseデビットカードを持って行ったのに、ATM使用手数料が引出し金額の約8%とられ、撃沈されたたびむやんのようにならないように・・・。

また、他にも手数料無料のATMをご存知の方は、X(旧Twitter)で共有頂けると、幸いです。